HOME | 網走郷土博物館

03.


網走郷土博物館 

網走郷土資料館は、網走駅より徒歩で約25分。釧網本線桂台駅から徒歩5分で行くことができる。この館は、網走の豊かな「自然」と古代から現代に至る「歴史」の流れを展示解説し、郷土のあり方を探ることができる。この館は、1936年、地方教育の振興と文化の発展をはかるべく、「北見郷土舘」として建設、開館したもので、北海道で最も歴史の古い博物館のひとつである。開館にあたっては、故米村喜男衛名誉館長(網走市名誉市民)が長年にわたり収集した考古、民族資料3000点が提供され、それが基礎となっている。1984年、市に移管され、1961年に創設25周年を記念して新館が増築されるなど充実がはかられた。2019年、希少な建造物として、国の登録有形文化財に登録された。
 
 
1.Moyolo Shell Mound
 
 
Abashiri Municipal Museum is a 25-minute walk from Abashiri Station and a 5-minute walk from Katsuradai Station on the Semmo Line. In this museum, you can learn about the nature of Abashiri and the flow of history from ancient times to the present day in Abashiri. It was built and opened in 1936 as "Kitami Municipal Museum" in order to promote education and cultural development, and is one of the oldest museums in Hokkaido. The first exhibit was of some
3,000 archaeological and anthropological items collected over many years by the late Yoshio Yonemura, Honorary Citizen of Abashiri City. It was transferred to the city in 1984, and in 1961, a new building was added to commemorate the 25th anniversary of its founding. In 2019, it was registered as a nationally registered tangible cultural property as a valuable building
  
 
網走市立鄉土博物館,從網走站徒步約25分鐘,或從釧網本線桂台駅徒步5分鐘即可抵達。該館展示網走市豐富的「自然」與從古至今的悠久「歷史」,探尋鄉土獨自的文化形態。1936年,為實現地方教育振興及文化發展,該館以「北見鄉土館」之名建成並開館,是北海道歷史最悠久的古博物館之一。開館之際,以名譽館長米村善男衛(網走市名譽市民)多年收集得來的3000件考古、民族資料為基礎展示。1984年該館移交市上管理,1961年創設25周年之際增建新館,文化資產價值日趨豐富化。2019年,網走市立鄉土博物館作為稀有建築物被登錄為國家物質文化遺產。
 
 
网走民俗博物距离网走站步行25。距离网干线上的桂台站有5的步行路程。您可以在民俗博物看到网走丰富的自然地貌、以及回溯网走从古至今的史,了解网走的民俗。当地教育和文化展,网走民俗博物1936年作民俗博物建成并开放,是北海道最古老的博物之一。开馆时,得到了已故名誉市民(网走市荣誉市民)米村喜南多年来收集的3,000份考古和民间资料,以此础进行展1984年博物被市政府管以及1961念博物成立二十五周年建了新些事都使得网走民俗博物内容得更加的充2019,因博物本身的古老与稀有,日本将其列文化遗产